「ガブリエリと北イタリアのバロック」(11/9 京都産業大学)

音楽文化論特別講義/文化学部聴覚文化セミナー2011秋〈その1〉としまして,海外で活躍されて帰国後に京都を中心に活動をされている,コルネット(ツィンク。角笛形のマウスピース管楽器)奏者の上野訓子氏と,歌,リュート,コルネットの笠原雅仁氏を中心とするイタリア初期バロック音楽アンサンブルの「アンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニ」をお招きして,コンサートを行います。

他にサックバット(昔のトロンボーン)とオルガン(一部リコーダーも交えて)も含めた,初期バロックの専門家の方々による1600年前後の多彩な音楽をお聴きいただけると思います(私もリコーダーで少し参加させていただきます)。

入場無料ですので,お気軽にお越し下さい!



音楽文化論特別講義/文化学部聴覚文化セミナー2011秋〈その1〉

〜ガブリエリと北イタリアのバロック〜

■日時: 11月9日(水) 13:15〜14:45

■場所: 11号館1Fロビー(大学の最も奥の建物になります。http://www.kyoto-su.ac.jp/outline/campus/cam_map.htmlの17番の建物です)

■演奏: アンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニ
              http://principivenetiani.blogspot.com/
   上野 訓子(コルネット)
   笠原 雅仁(歌,コルネット,リュート)
   織田 貴浩(サックバット)
   吉竹 百合子(チェンバロ)
         +
   竹内 茂夫(リコーダー)

■曲目:(予定)
   G. ガブリエリ:3声のためのソナタ
   A. グランディ:モテット「めでたし女王」
   D. オルティス:レセルカーダ第2番
      他

コメント

  1. とても遅くなりましたが,フライヤーを掲載しました。

    ただ解像度はかなり落としてあります。

    返信削除
  2. 終了いたしました。

    ご来場下さった皆さま,ありがとうございました!

    多忙のため演奏曲目などの更新が遅れております…。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿