2017年2月4日土曜日

The Early Music Company「年を越した大発表会」(2017/2/4,天満教会)

昨年12月の古楽講習会(合宿)に参加したThe Early Music Companyの大発表会に出演しました。

アンサンブルというか講座の方にはまったく出席せずのいきなりの講習会参加だったために,最後であろう全体合奏でLully: Passacaille, Armide通奏低音でキタローネの一員として弾く以外は,リコーダー無伴奏ソロ,バロック・ギター・ソロになってしまいましたが,楽しくできました。

The Early Music Company
「2016年度 年を越した大発表会」

■日時 2017年2月4日(土) 14:00〜

■場所 日本基督教団天満教会 http://www.temma.or.jp/
    〒530-0045 大阪市北区天神西町4-15
    JR東西線 大阪天満宮駅下車 3番出口
    地下鉄谷町線 南森町調駅下車 4番出口

■曲目
♪Psalm 140 / Jacob van Eyck 1589/90-1657
 竹内茂夫/リコーダー
♪Folies d'Espagne (extr) / François Le Cocq early 18th (1685?-1729?) - Jean Baptiste Ludovico de Castillion ? - ?
 竹内茂夫/バロックギター
♪Super flumina Babylonis / Orlando de Lassus 1532or1530-1594
♪Pastime with good company / Henry VIII 1491-1547
 成清佐知子、阪井葉子/ソプラノ 長谷川圭子、藤田英理子/アルト
 藤田哲生、佐久間邦雄、竹内茂夫/テナー 長谷川智彦、五十畑秀吉/バス
♪Passacaille from Act V of Armide / Jean-Baptiste Lully 1632 -1687 
 全員





2017年1月3日火曜日

名古屋バロック音楽協会第107回例会(2017/1/14,フィオリーレ)

次の曲を演奏予定しました。

そして!van Eyck《笛の楽園》全曲演奏会を少しずつする予定で,その第1段です。

6 ヤコブ・ヴァン・アイク/プレリュードまたは前奏曲,〈天にまします我らの父よ),〈ダフネが最も美しかった時〉
Jacob van Eyck / Preludium ofte Voorspel, Onse Vader in Hemelryck, Doen Daphne d'over schoone Maeght
竹内 茂夫 (S. Rec, T. Rec)

10 ジョヴァンニ・バッティスタ・フォンターナ/ソナタ第5番。ヴァイオリン・ソロのための
Giovanni Battista Fontana / Sonata Quinta à Violino Solo
竹内茂夫(S.Rec, A.Rec),河合祐一 (Vc),柳沢知津江(Cem)

14 フランチェスコ・コルベッタ/第5旋法のプレリュード-アルマンド-サラバンド
Francesco Corbetta / Prelud[e] al 5to tuono – Alm[and]a - Sar[a]b[and]a
竹内茂夫 (BGuit)




名古屋バロック音楽協会第107回例会

■日時 2016年1月14日(土) 14:00〜17:00

■場所 スタジオ・フィオリーレ(アンジュパティオ中村公園8F)
    (地下鉄東山線 中村公園駅下車 2番出口より徒歩1分)

2017年1月1日日曜日

細々変更しました

2017年,明けましておめでとうございます。

・ブログそのもののタイトル
・レイアウト
・プロフィール(基本)
・プロフィール画像
などなど,変更しました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

演奏依頼,随時受け付けております。
・各種リコーダー,
・バロック・ギターでのソロおよび通奏低音,
そしてまだまだですが今後は
・キタローネ(テオルボ)での通奏低音
を手がけていく予定です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年12月9日金曜日

テオルボ(キタローネ)始めました!

元々バンドでは5弦ベースを長く弾いていたから,古楽でも低音撥弦楽器をやりたいとずっと思っていた。

その手始めになるかと思って,バロック・ギターで通奏低音にも参加し始めたけど,それ以降の6コース・ギターと違って5コースなのでそもそも低音が足らないので,単独で通奏低音をするのは厳しい。

それでも単独で何とか通奏低音をやりたくて,ずっとテオルボ(キタローネ)を探していて,17世紀の通奏低音に合うフルサイズの長さの延長弦を持つ楽器ではないけど,信頼できる筋を通して楽器が手に入った。

調弦がかなり替えられていたので元に戻すのにとても苦労したけど,今週末のEMC講習会に参加する時に診て頂ければと思って,意を決して弦を張る。
そして,自分で練習するには何かを見ないとと思って,少し前に買っておいたNorthの本で初歩的な部分がないかと思ったらあったので,それに従って練習。
Kapsbergerのアルペッジョの曲で,これはK原さんのところで弾かせていただいたフルサイズのテオルボで少し講習を受けた時に,別のテキストでも練習した記憶が。
2〜6コースまでは6コース・ギターと同じ音で,2,3コースはオクターヴ低いre-entrantになっているのはともかく,その上に1つ弦があるのにかなり戸惑う。

そして,何と言ってもネックの幅が広いので,右手親指で低音を弾弦する時に思った弦を弾くのもまだまだ。

さらに,ストラップを付けているものの楽器がどうしても安定しない。

その辺も含めて,明日からの講習会で見て頂く予定。
少しでも色々モノになるように頑張ります!

2016年12月2日金曜日

ヴァン・アイク(ファン・エイク)《笛の楽園》全曲演奏の試み:名古屋バロック音楽協会次回例会から

《笛の楽園》は自分練習で5回は通して吹いたこともあって,全曲ともかく吹いてみたいと思って,細々とやることを決意。 

年4回ある名古屋バロック音楽協会の例会なら10分なので,1回3〜4曲とすると年10曲くらいで,14年間続けられれば全143曲は演奏できるはず。 

これを1回1時間とかのコンサートにしてしまうと準備がとても大変だし,よほどきちんと吹かないと飽きられてしまうし,10分ぐらいが自分の力としては穏当かなと思う。 

この他に別の演奏機会を設ければ,10年くらいで終わるかもしれない。 

間に折々レッスンが受けられれば良いなと思っている。 

ということで,次回の名古屋バロック音楽協会例会から開始します!

よろしければ聴きにいらしてくださいませ。

    名古屋バロック音楽協会第107回例会

■日時 2016年1月14日(土) 14:00〜(演奏時間未定) 

■場所 スタジオ・フィオリーレ(アンジュパティオ中村公園8F)
    (地下鉄東山線 中村公園駅下車 2番出口より徒歩1分)

■曲目(予定。他にチェンバロとの共演,バロック・ギターのソロ曲も演奏予定)
ヤコブ・ヴァン・アイク(ファン・エイク)《笛の楽園》より
  プレリュードまたは前奏曲
  〈ダフネが最も美しかった時〉
  〈天にまします我らの父よ)
Jacob van Eyck, Der Fluyten Lust-hof
   Preludium ofte Voorspel
   Doen Daphne d'over schoone Maeght
   Onse Vader in Hemelryck

2016年11月7日月曜日

「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」第3回演奏会 シュッツ:《クリスマス物語》他(2016/11/26,神戸聖愛教会)

「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」
第3回演奏会 
シュッツ:《クリスマス物語》他


※終演しました。185名ものほぼ満員の方々にご来場頂き,厚くお礼申し上げます!ドイツ初期バロックのプロテスタント教会の暖かな手触りのクリスマス音楽を,とても楽しく演奏できました。


■日時 2016年11月26日(土) 17:00開演(16:30開場)

■場所 神戸聖愛教会(〒651-0092 神戸市中央区生田町1-1-27)
    アクセス:新神戸下車南に向かい徒歩5分
    三宮駅から神戸市バス2または18系統 
     布引バス停下車南に向かい徒歩すぐ

■曲目 H. シュッツ:《クリスマス物語》他
    (プレトリウスとシャインの合唱曲,シャインの器楽曲)

■料金 前売2000円/当日2500円/学生1500円

■企画・音楽指導 笠原雅仁,上野訓子,大内山薫,緋田芳江,松田洋介

■お問合せ 「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」第3回公演

※合唱テノール(+少しリコーダー)として参加する予定です。

2016年9月25日日曜日

「17世紀イタリアの音楽」(2016/9/25,日本福音ルーテル神戸東教会)

午前中の礼拝にて,竹内が説教(メッセージ)をしました。
交通の便が決して良いとは言えない教会でしたが,予想以上に多くの方々に来て頂き,また熱い反応も頂いてとても幸いでした!ご来場の皆さま,本当にありがとうございました♪ 
17世紀音楽は本当に面白いです。一定の語法さえ踏まえていれば,相当自由に色んなことができます。今回は谷川さんの歌もありましたので,そこに合わせていくと,その場その場で予期しなかったことがふっと湧いてきて演奏に反映できました。
日時 2016年9月25日(日) 開演14:00(開場13:30)
場所 日本福音ルーテル神戸東教会
   アクセス(JR摩耶駅が最寄り駅になり,帰りは下りですので所要時間10分なのがわかりました)
入場 無料(席上自由献金があります)

演奏 竹内 茂夫(リコーダー/バロック・ギター)
   谷川 千歌子(メゾソプラノ)
   上田 浩之(ヴァイオリン/ヴィオラ・ダ・ガンバ)
   笠原 雅仁(テオルボ)

曲目
A. ファルコニエーリ:〈英雄〉(Rec, Vn, Thrb)
G. フレスコバルディ:〈そよ風が吹いたら〉(MS, Rec, BG, VdG)
G. カッチーニ:〈アマリッリ麗し〉(MS, BG, VdG, Thrb)
M. ウッチェッリーニ:アリア第15番〈お前が壊した針箱〉に基づく(Rec, Vn, Thrb)
F. コルベッタ:バロック・ギターと通奏低音のための2声のシンフォニア (BG, Thrb)
F. コルベッタ:第5旋法のプレリュード - アルマンド - サラバンド (BG)
B. ストロッツィ:〈秘密の恋人〉(MS, BG, VdG, Thrb)
G.B. フォンターナ:ソナタ第7番 (Rec, Vn, Thrb)
B. デ・セルマ・イ・サラベルデ:高音楽器のためのソナタ第1番 (Rec, VdG, Thrb)
G.F. サンチェス:〈哀しみの聖母〉(MS, BG, VdG, Thrb)
C. モンテヴェルディ:〈主を讃えよ」〉(詩篇 150)(MS, BG, VdG, Thrb)