2019年3月19日火曜日

「エレミヤの哀歌 マリアの賛歌」Musique Douce 2019(2019/8/25,神戸雲内教会)

エレミヤの哀歌 マリアの賛歌 

Musique Douce 2019

2019年8月25日(日)

開演16:00開場15:30(終演予定18:00)

日本基督教団 神戸雲内教会

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町1-6-9
http://blog.goo.ne.jp/kumochi/

前売1,200円 当日1,500円

曲目(予定)
M.=R.ド・ラランド 《暗闇の朗誦》(《ルソン・ド・テネブル》,エレミヤの哀歌)
F.クープラン 〈マニフィカート〉(マリアの賛歌)
M.マレ ヴィオール曲集第5巻より
C.デュパール 組曲第1番 他
ミュズィク・ドゥス
笹山 晶子 辛川 千奈美(ソプラノ) 竹内 茂夫(テオルボ,リコーダー)
太田 賀之(ヴィオール) 小林 美紀(クラヴサン)
2018年クープランの《暗闇の朗誦》を皮切りに,バロック期フランスの「フランス古典」
と呼ばれる分野のうち主に宗教声楽曲を演奏するミュズィク・ドゥス「甘い音楽」です。
同一内容別公演
7月7日(日) 京都産業大学神山ホール
12月21日(土) 和泉市久保惣記念美術館
 

✆笹山090-6067-4507 小林079-266-8975
小林CYU01450@nifty.com 
Facebook 「ミュズィク・ドゥス」

ラベル: , , , , ,

「春をよぶ 古楽器コンサート」(2019/3/24,スタジオ・ヴィヴァーチェ)

"春をよぶ 古楽器コンサート"


18世紀チェロ作品の名曲の数々を、テオルボやバロック・ギターとお届けします。
冬がおわり、待ち遠しかった春の季節に、お茶とお菓子つきのコンパクトで、
お話を一緒に聞くようなアンサンブルのミニコンサート。

【日時】
2019年3月24日(日)
16:00開演(15:30開場)

【会場】
スタジオ・ヴィヴァーチェ 
Studio Vivace
〒461-0045 名古屋市東区砂田橋2-1
矢田川パークハウスS-1
(地下鉄名城線砂田橋駅下車3番出口  徒歩4分)

【チケット】
大人¥1500
こども (中学生以下) ¥1000
親子¥2000
3歳未満¥0

全てお茶とお菓子付き
(懇親会出られない方はお持ち帰り)

【曲目】
◆テレマン チェロソナタ <忠実な音楽の師> より TWV41:D6
◆ジェミニアーニ チェロソナタ op.5-1           
ほか

【出演】
小野田 遥子 (バロック・チェロ)
小林 玉実 (バロック・チェロ)
竹内 茂夫 (テオルボ、バロック・ギター)

【お問い合わせ】
主催者: Studio Vivace
TEL 09060910541
Mail kaorin44violin@gmail.com
イベント予約フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d5d40a6b494200
(吉井)
haruko33ppp@yahoo.co.jp
(小野田)

ラベル: , , , , ,

2019年1月26日土曜日

名古屋バロック音楽協会第115回例会(2019/1/26,フィオリーレ)


-->
名古屋バロック音楽協会第115回例会に出席して,バロック音楽演奏の研究成果の発表を2つ行い,合計18組の様々な編成による主にバロック音楽の発表を聴き,多くの人と交流を持つことができました。

発表の一つ目は歌とヴィオラ・ダ・ガンバとともにテオルボで,昨年記念年のジュリオ・カッチーニの《新しい音楽と新しい書法》(フィレンツェ,1614)より
〈愛の神よ 何を待っているのですか〉
〈愛は私に翼を与える〉
の通奏低音を,二つ目はバロック・ギターのソロでメキシコで発見されたサンティアゴ・デ・ムルシアの《サルディバル写本第4》(1732頃)から
〈騎士〉
Aのためのもう1つのカナリオス〉
を演奏しました。
後者は不思議な拍子で始まり,一見(一聴)するとかなりの変拍子に聞こえます(演奏する人間が斉所そう理解していました)。


その他に,今回は合唱と独唱など歌が多く,様々な編成で演奏されました。
楽器としては,リコーダー,ヴァイオリン,チェロ,ヴィオラ・ダ・ガンバ,リュート,チェンバロ,19世紀ギターが演奏されました。
作曲家としては,バロック定番のバッハ,ヘンデル,テレマンが複数ありましたが,その他にルネサンス期のピエール・ド・ラ・リューからロマン派のフレデリック・ショパンに至るまで演奏されました。

今回も出場者とともに聴衆の数も多くて立ち見が出るほどの盛況でした。

ラベル: , , , ,

2019年1月13日日曜日

「17世紀バロック音楽フェスタ」 (2019/1/13 15:00,京都産業大学神山ホール大ホール)

音楽文化論特別講義2019

「17世紀バロック音楽フェスタ」

大変遅くなりましたが,
17世紀バロック音楽フェスタ,終演しました。
ご来場下さった皆さま,ありがとうございました!!
笛ゼミ生たちも準備と片づけ,頑張ってくれました♪


2018年7月に台風のため中止になりました「第14回音楽文化論特別講義2018コンサート」の振り替え公演を行います。リコーダーだけでなくヴァイオリンやオルガン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、テオルボといった古楽器、そして歌を加えた編成にて、〈アマリッリ〉で知られる今年生誕450年のカッチーニ、ルネサンス音楽からバロック音楽の橋渡しをしたモンテヴェルディを始めとする17世紀を代表するバロック音楽を演奏いたします。皆さまぜひお越しください。

日時:2019/1/13(日) 15時開演(14時半開場、17時終演予定)

場所:神山ホール大ホール 京都産業大学
   〒603-8555 京都市北区上賀茂本山   https://www.kyoto-su.ac.jp/access.html
   京都市営地下鉄国際会館駅または北大路駅より バス10〜15分

入場料:無料(申込・予約不要)

出演:
ソプラノ:  小田肇子
ヴァイオリン:上田浩之
テオルボ:  竹内茂夫
ヴィオラ・ダ・ガンバ:安藤素子
オルガン:  三島郁

プログラム(予定)
ファン・エイク 〈我が愛しのアマリッリ〉
フレスコバルディ カンツォン第1番
フォンタナ    ソナタ第3番
カステッロ    ソナタ第2巻第4番
カッチーニ   〈我が愛しのアマリッリ〉
モンテヴェルディ〈西風戻りて〉
モンテヴェルディ〈だからそれは本当なのか〉
 他

主催 竹内 茂夫(京都産業大学文化学部)atake@cc.kyoto-su.ac.jp
協力 京都産業大学文化学部「笛ゼミ」の皆さん

ラベル: , , , , , , , ,

2018年9月26日水曜日

ジョヴァンニ・ガブリエリとヴェネツィア楽派(2018/10/13,神戸聖愛教会)

「16〜17世紀の宗教合唱曲を歌う会」結成5周年記念企画

ジョヴァンニ・ガブリエリとヴェネツィア楽派

2018年10月13日(土)17:00開演(16:30開場)

日本キリスト教団 神戸聖愛教会
651-0092 神戸市中央区生田町1-1-27
新神戸駅および布引きバス停下車すぐ

指揮 笠原雅仁
演奏 「16〜17世紀の宗教合唱曲を歌う会」

チケット 前売2,000円 当日2,500円 学生1,500円

A.ウィラールト〈めでたし天の后」
A.ガブリエリ〈神聖にして汚れなき処女マリアよ〉
G.ガブリエリ〈集いにて〉
T.マッサイーノ 8本のトロンボーンのためのカンツォン ほか

ご予約&お問合せ 
「16〜17世紀の宗教合唱曲を歌う会」実行委員会
utaukai1617@yahoo.co.jp


ラベル: ,

2018年9月17日月曜日

"礼拝での賛美の歴史” 〜旧約聖書からバッハまで〜 (2018/10/8,姫路福音ルーテル教会)

2018年9月15日土曜日

お花が溢れるカフェにてソプラノとテオルボによる夕べの小宴(2018/10/27,けやきCafe)

An Evening Hymn

お花が溢れるカフェにてソプラノとテオルボによる夕べの小宴
 曲目(予定)
パーセル〈夕べの賛歌〉
モンテヴェルディ〈あのちょっぴり高慢な眼差しが〉
カッチーニ〈我が愛しのアマリッリ〉
イギリス民謡〈グリーンスリーヴズ〉〈ずるがしこい兵士〉
カプスベルガー アルペッジャータ 
ファン・エイク《笛の楽園》より 他


小田肇子(ソプラノ)
竹内茂夫(テオルボ,リコーダー)


日時 2018年10月27日(土)
   食事18時〜,ライヴ19時半頃〜


場所 けやきCafe (アトリエ欅舎)   (京都市烏丸北大路交差点南東角より東徒歩1分,お花雑貨屋さん内)
     〒603-8143 京都府京都市北区小山上総町17 http://keyaki-sha.com/


料金 お食事2,000円+お飲物,ライヴ:投げ銭制
  (限定12席。今日現在8名様ご予約頂いています)

お問い合わせ アトリエ欅舎
TEL 075-451-1178
FAX 075-451-0533
E-mail keyaki@if-n.ne.jp

ラベル: , , , ,

「Music Now!」コミュニティFM生放送に出演(2018/9/26 15:30〜)

再びコミュニティFMの,今度は生放送に出ます!

番組名:「Music Now!」

日時: 2018/9/26(水)15:30〜15:51

http://listenradio.jp/ またはスマホアプリListenRadioにて
ラジオチャンネルを選局 > 全国のラジオ局 > 近畿 > 京都三条ラジオカフェ
を選んで再生ボタンON!

番組表:http://radiocafe.jp/schedule/?d=3

ラベル: ,

2018年9月1日土曜日

えぇンジョイ♪MUSIC! 第101回に出演(2018/9/10(月) 12:00~ 再放送:17:00〜)

えぇンジョイ♪MUSIC! 第101回に出演(収録にて)します!
2018年9/10(月) お昼12:00~(15分間)です♪
(再放送:同日夕方5:00~)


FM79.7MHz「京都三条ラジオカフェ」において放送中の、当店協力のラジオ番組『えぇンジョイ♪MUSIC!』、
2018年9/10(月)第101回ゲストは、ソプラノ歌手の小田肇子(おだ はつこ)さんと古楽器奏者の竹内茂夫(たけうち しげお)さんです!
ソプラノの小田肇子さんは、大阪音楽大学声楽科のご卒業。
イタリアのミラノに留学、イタリアオペラを学ばれました。
イギリスのロンドン留学では、古楽を本格的に学ばれ、同時にイギリスの民謡にも深く心寄せられるようになられたようです。
ルネサンス、バロック音楽、イギリス民謡を幅広く演奏していらっしゃいます。
一方、古楽器の竹内茂夫さんは、愛知県のご出身、高校時代よりアコースティックギターに親しみ、その後、バロック・ギターとキタローネ(テオルボ)に転向、リコーダーも演奏され、後進の指導にも熱心に取り組んでいらっしゃいます。
現在、京都産業大学 文化学部 教授、神戸ルーテル神学校 講師を務めておられます。
竹内さんが演奏されているキタローネは、長さ約190cmと、とてつもない長さを誇っています。
『古楽』の魅力満載のお話し、
そして、もちろん、お二人の演奏もお聴きいただけます!
放送をどうぞお楽しみに♪
♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪
えぇンジョイ♪MUSIC! 第101回の放送日時は…
2018年9/10(月) お昼12:00~(15分間)です♪
(再放送:同日夕方5:00~)
皆さん、どうぞお聴きください♪
♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪
えぇンジョイ♪MUSIC! 第101回,第102回収録舞台裏の動画(Youtube)はこちらをクリック!↓ ♪音が出ます♪
https://www.youtube.com/watch?v=k1tdqeSDHfM
♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪
♪番組詳細です♪
番組名:「えぇンジョイ♪MUSIC!」
放送局:FM79.7MHz「京都三条ラジオカフェ」(京都市域ほか一部地域)
「京都三条ラジオカフェ」さんのページ http://radiocafe.jp/
インターネット:全国より「Listen Radio」でお聴きいただけます。
「Listen Radio」さんのページ http://listenradio.jp/
(Listen Radioのページ→ラジオチャンネルを選択→全国のラジオ局を選択→京都三条ラジオカフェを選択)
アプリ:京都三条ラジオカフェ公式アプリ「Radio_Cafe」(iPhone・iPad/Android)で放送をお聴きいただけます。
放送日時:毎月第2・第4月曜日お昼12:00~(15分間)
番組公式ページはこちらをクリック
http://radiocafe.jp/201407005/ 
番組Youtubeチャンネルもご覧ください!(チャンネル登録お願いします♪)
『えぇンジョイ♪MUSIC!』Youtubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCuy6PxBtp60rhVWjsAtN4kA

ラベル: , , ,

2018年7月5日木曜日

【中止】盲目の笛吹きファン・エイクの《笛の楽園》全143曲演奏の試み(2)(2018/7/8,神山ホール)

残念なお知らせです…。

7/8のコンサートは中止になりました

会場の大学の事務室から連絡があり,雨が日曜まで続くこと,近隣の学区で避難指示が続いていること,鴨川の水位が上がっていてその横をバスも通ること,交通機関が日曜も動くかどうかということを話し合って,中止となりました。

ご来場を予定されていた皆さまには本当に申し訳ありません…。

第14回 音楽文化論特別講義2018

ファン・エイク《笛の楽園》
全143曲演奏の試み (2)

〜17世紀の盲目のリコーダー吹きがオランダの教会の中庭で奏でた変奏の数々〜


日時 2018年7月8日(日) 15時開演
   (開場14時30分。終演予定17時)
会場 京都産業大学神山ホール大ホール
   〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
   アクセス https://www.kyoto-su.ac.jp/access.html
入場料  無料    

曲目(予定)
J.ファン・エイク (1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻》(1649 2nd ver) より 
〈オナンまたはタンネケン〉〈空威張り〉〈英国の夜鳴き鴬〉〈フランスのバレ〉〈ファンタジアとエコー〉〈我が恋人シレ〉〈詩篇68(神よ。立ち上がってください)〉他
G.B.リッチョ カンツォン
G.フレスコバルディ カンツォン

出演 
竹内 茂夫
(エイク・リコーダー。文化学部教授)
三島 郁
(鍵盤通奏低音。音楽学。友情出演)

主催 竹内 茂夫(音楽文化論および「笛ゼミ」他担当)
後援・協力 京都産業大学文化学部
問合先 竹内 茂夫 atake(あっと)cc.kyoto-su.ac.jp

ラベル: , , , , ,

2018年6月11日月曜日

「音楽の日2018」(2018/6/23,アンスティチュ・フランセ東京)

音楽の日2018 Fête de la musique / 

クラシック・コンサート

プログラムが少しずつ決まってきました!
6/11時点での出演予定です。
自分がかかわる曲は太字で記しました。

日時:2018年6月23日(土)
時間:14時〜15時半に出演
場所:アンスティチュ・フランセ東京
 〒 162-0826 東京都新宿区市谷船河原町15
 http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%AE%E6%97%A52018/
入場:無料

出演:西垣林太郎(ギター)
   竹内茂夫(ギター,リコーダー)他



14h à la salle (?Numero?)

Clemens non Papa         Frais et Gaillard (diminution par Giovanni Bassano)
クレメンス・ノン・パパ    「元気はつらつ」 バッサーノによるディミニューション
musique séfarade        “Paxaro d’hermozura”, “Adio Querida”
セファルディの歌        「美しい小鳥」、「さよなら、恋人」
Giovanni Battista Fontana    Sonata Settima
G.B .フォンタナ        ソナタ7番
etc...

Rie Kosaka (voix)

avec le concours de ;
Shigeo Takeuchi (flûte à bec)
Marie Suga (violon baroque)
Tomoko Ono (hautbois baroque)
Rintaro Nishigaki (quinterna, guitare baroque)

14h30 à la salle (?Numero?)

Claudin de Sermisy        “Tant que vivray”
C.セルミジ            「花咲く日々に」
traditionnel français        “Une jeune fillette”
フランス民謡            「若い娘」
Francesco Corbetta        Sarabande “Fallait il O Dieux”, Gavotte “I’ai berger et nuit”
F.コルベッタ        サラバンド「神よ、それは必要だったか」
                ガボット「羊飼いのぼくは一日中」
François Couperin        “Doux liens de mon cœur”, “Qu’on ne me dise plus”
F.クープラン        「甘い絆」,「どうかぼくには言わないで」

Kikuko Matsuda (voix)

avec le concours de ;
Shigeo Takeuchi (guitare baroque)
Rintaro Nishigaki (quinterna, guitare baroque)

15h à la salle (?Numero?)

Nathanael Diesel        Suite *
N.ディーセル        組曲
   *Allemande, Courante, Bouree I, Menuet, Bouree II, Polonaise
Ernst Gottlieb Baron    Concerto a flauto dolci, au luth
E.G.バロン        リコーダーとリュートのためのコンセルト
Ernst Gottlieb Baron    Duette
E.G.バロン        デュエット
etc...

Shigeo Takeuchi (flûte à bec, guitare baroque),
Marie Suga (violon baroque)
Tomoko Ono (hautbois baroque)
Rintaro Nishigaki (guitare baroque, guitare romantique)


ラベル: , ,