音楽文化論Aでのリコーダー(トラヴェルソと歌も)

今年も持っている音楽文化論Aにて,リコーダー(とごくまれにトラヴェルソ)の生演奏をするようにしています。

春学期は,平尾工房ファン・エイク・モデル466Hzのお披露目を兼ねて,ファン・エイクを吹く予定で,これで3週吹いていますし,学校で使っているバロック・タイプだけでなく,ガナッシや色々なリコーダーを紹介していこうと思っています。

登録者が150名を越えていますがその割には静かですし,生演奏があると受講生にも良いようですし,リコーダーについては「見方が変わった」という意見も多くて,「リコーダーはバロック頃の立派なソロ楽器だったプロジェクト」(仮称)を推進している立場としては,嬉しい限りです。

毎回の曲目は,コメント欄で追加していきます。

コメント

  1. 4/9
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):
    《笛の楽園》より〈今夜は何をいたしましょうWat zalmen op den avond doen〉
    (ただし,Noch verscheyden Veranderigen, Variat.5 met Twee-en-dertigh noten in een maerまで)(メック・ルネサンス440)

    返信削除
  2. 4/16
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):
    《笛の楽園》より〈イギリスのナイチンゲールEngels Nachtigaeltje〉(平尾エイク466)

    返信削除
  3. 4/23
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):
    《笛の楽園》より〈詩篇134篇 Psalm 134〉(ガナッシG管466)

    返信削除
  4. 4/30
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):
    《笛の楽園》より〈ひとり子我らに生まれり Puer nobis nascitur〉(ガナッシG管466)

    返信削除
  5. 5/14
    ♪ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750):
    《横型フルートのためのソロ》BWV1013より〈アルマンド〉
    (ヴォイス・フルート415)

    返信削除
  6. 5/28
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):
    《笛の楽園》より〈プレリュードまたは前奏曲Preludium ofte Voorspel〉〜〈ファンタジアとエコーFantasia & echo〉(平尾エイク466)

    返信削除
  7. 6/4
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):
    《笛の楽園》より〈天にまします我らの父よ Onse vader in hemelrijck〉(竹山ヴォイス・フルート415)

    返信削除
  8. 6/11
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):
    《笛の楽園》より〈道化者 Boffons〉(平尾エイク466)

    返信削除
  9. 6/18
    この日は,フラウト・トラヴェルソ(バロック・フルート)で。
    まだまだ本来は人前で聞かせられるものではありませんが,昔のフルートはこんなだったよということを示す意味で。

    ♪ジャック・マルタン・オトテール「ル・ロマン」(1674-1763):
    組曲ト長調作品 2-3より〈サラバンド「ラ・ギモン」〉(アウロス・トラヴェルソ415)

    返信削除
  10. 6/25
    ♪リチャード・ミアーズ出版:《小鳥愛好家の楽しみ》 (1717) より
    〈カナリア〉〈ウソ〉〈紅ヒワ〉〈森ヒバリ〉〈ムク鳥〉〈スズメ〉〈東インドのナイチンゲール〉〈歌ツグミ〉
    (フォン・ヒューネ ソプラニーノ415Hz)

    返信削除
  11. 7/2
    ♪ジャク・マルタン・オトテール「ル・ロマン」:横型フルートと通奏低音のための組曲ホ短調作品2第4番より 
    プレリュード:ゆっくり(その前に《プレリュードの技法》作品7よりプレリュード)
    (Tim Cranmore ヴォイス・フルート415Hz)

    返信削除
  12. 7/9
    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):《笛の楽園》より
    〈ワシらにひとり子が産まれたEen Kindeken is ons gebooren〉
    (平尾エイク466Hz)

    返信削除
  13. 7/16
    ♪ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750):《ロ短調ミサ》BWV232より〈アニュス・デイ〉
    (カウンター・テノール)

    ♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657):《笛の楽園》より
    〈今夜は何をいたしましょうWat zalmen op den Avond doen〉
    (平尾エイク466Hz)

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿